カテゴリー
日曜

人妻が出会い系に登録

「毎週、成田離婚してるようなものかな」
出会い系で知り合った人妻のアサカさんはそう言いながら自分に呆れるように片笑いを浮かべた。
成田離婚とは懐かしい言葉が出てきたものだ。いわゆるスピード離婚の一種で新婚旅行をきっかけに離婚すると言う、だったら最初から結婚すんなよ!と突っ込みたくなる別れ方である。
ただ、僕にはわかるような気がする。僕自身は未婚だが、未婚だからこそわかるものがある。僕が結婚しないのも、成田離婚が怖いからなのだろう。人に嫌われたくないから、人を好きになれない。もっとも、それ以前に出会いがまるでないのだが。
「夜更けに出会って、夜明けに別れる・・・成田離婚だよね」
そう言うアサカさんは、れっきとした人妻である。人妻が出会い系に登録して、僕みたいな男と成田離婚ごっこをしているのだ。
「流れで結婚しちゃったけど、新婚旅行の時に、あれ?と違和感覚えて、、、今から思えば成田離婚すべきだったかな」
オナ電
でも、今さら離婚はできないしね、と、こうして出会い系で出会った男と、疑似成田離婚をしているそうだ。人妻が出会い系に登録する理由は十人十色だとは思うが、こんな人も存在する。
離婚したいのに離婚できないから疑似離婚で満足する。わかったようなわからないような不思議な動機だが、寝ている時は僕とアサカさんはお互いに認め合ったカップルだ。隠すところのない夫婦のようにお互いを舐めまわして、程よく濡れて程よく勃ったお互いの秘部をこすり合わせる。間違いなく、その時は僕たちは愛し合っている。
事が終わり、アサカさんの安らかな寝顔を見ていると、朝が来たら僕たちは成田離婚することに寂しさも覚える。しかし、それは彼女が望むことだし、僕だってこのまま関係が続いても、今日のように明日も愛することができるのかはわからない。朝が来たら、アサカさんは愛さなければならない人の元に戻っていき、僕は誰も愛せない普段通りの生活に戻るだけだ。
こんな感じで僕たちは、毎週成田離婚しているのである。
出会い系で見つけたセフレ
出会い系のセフレ